二重と一重ではメイクも違う

一重の女性って、やはり二重にしたい人が多いようですね。
私の友達に女の赤ちゃんが生まれたんですが、実はその子、一重だったんです。
旦那さんもお母さんも、みんな二重なんですが、
旦那さんのお爺ちゃんが一重なので、隔世遺伝したようなんです。

もうすぐ1歳になるんですが、いまだに一重のままで、二重の線が全然出てこないそうです。
女の子はやっぱり二重でないと可愛くないと思っているようで、
お母さんが、赤ちゃんの目に、アイプチを使って、線をつけようとしたようです。
でも、赤ちゃんの目にアイプチなんて、怖いですよね。
もうそれが原因で、旦那さんとは大喧嘩になってしまったそうです。
旦那さんは、健康なんだから良いのではないかと言っているようですが、
奥さんはどうしても二重にしたいそうです。
目がぱっちりした二重の子ってかわいいですからね。

やはりアイメイクをしても、一重の場合は、目が鋭くなってしまうんですよね。
そこがちょっと可哀そうだなって私も思います。
アイシャドウをしても、一重の人は、グラデーションがあんまり
綺麗に出ないので、悩んでしまう人も多いと思います。
二重と一重では、メイクの仕方も変わってくるので、
女性には目ってすごく重要ですよね。

夏のゴワゴワ肌は紫外線が原因

夏になると、肌がごわごわしてくる時がありませんか?
それは紫外線の影響です。
紫外線を浴びた肌は、肌がゴワゴワしてしまい、
肌トラブルを起こしやすくなります。
紫外線は肌の老化を進める効果があるので、
出来るだけ夏場は保湿を重点にケアしましょう。
特に肌への水分補給は非常に重要です。

水分が足りない乾燥肌の状況が続くと、肌はますます荒れる一方です。
こうした乾燥から大人ニキビが出来てしまったり、肌の角栓が詰まったりします。
夏場はしっかりと水分補給をして、肌を潤いで満たすことが重要です。
肌を潤いで満たせば、肌も調子が良くなります。

固くなりがちな夏の肌を、いかにターンオーバーが正常にできるように保つかが、
お手入れの重要なポイントになってくると思います。
まずはしっかりと、規則正しい生活を送り、食事もバランスよくとるのが大事です。
肌のターンオーバーは、しっかりした生活からでしか生まれないので、
不規則な生活や、脂っこい食事を避けるようにしましょう。

やはり食事は肌を作る大事な役割を担っているので、
バランスを良く栄養をとるようにしましょう。
脂っこい食事が好きな人は、肌にもその影響が出てきますので、
出来るだけ野菜やあっさりした食事を心がけましょう。

夏はスクラブケアで肌改善

夏は毛穴の汚れが目立ちやすい時期です。
いつもよりも、入念な毛穴ケアが必要になってきます。
暑さで毛穴が開きやすくなっているので、こまめに洗顔をするのが一番お勧めです。
夏の毛穴のケアで重要なのは、やはり洗顔!
いつもよりも汚れが詰まりやすい状態なので、
出来ればディープクレンジングを週に
スペシャルケアとして行うようにすると良いと思います。

一番おススメなのは、先顔料にスクラブを混ぜて、毛穴の汚れを落とすことです。
すっかり汚れが落ちた毛穴は、化粧水の浸透も良くなるので、保湿力がUPします。
化粧水の浸透が悪い肌は、肌の表面に古くなった角質が
詰まっていることが多いので、出来るだけその古くなった角質を、
スクラブで落とすようにするのが良いです。
しかし、スクラブも、大きさや固さがかなり違っており、
人によっては刺激をかなり感じる人も多いと思います。

そのため、スクラブは人によっては向かないこともあると思います。
そういう人は、刺激の少ないジェル状のピーリング剤を使うと、
かなり角質ケアに効果があると思います。
夏はどうしても角質ケアをしないと、肌が堅くなってしまうので、
出来るだけ柔らかい肌を保つためにも、角質ケアをしましょう。

化粧水の浸透が違うと、保湿効果も良くなります。

美容には良質なオイルが大事

ミスユニーバスの食事のとり方について、以前に特別番組をやっていました。
その中で、候補者たちが積極的に食べるようにしていたのが、
実はオリーブオイルと聞いて、かなり驚いたことがありました。
実は良質なオイルというのは、美容には絶対に必要不可欠なんだそうです。
良質なオイルは、脂肪になりにくい上に、肌のハリなどを出すので、
美容ではすごく重要らしいです。

だから、ダイエットをやり過ぎている子っていうのは、
肌の艶がないとか、肌が荒れている人がよくいます。
これは脂質が明らかに不足してしまい、肌の艶やハリまでもなくなってしまった悪い例です。
やはりダイエット中でも、脂肪になりにくいオイルを摂取することがすごく重要だそうです。

肌のためには、ある程度のオイルが必要になるので、完全にカットしてしまうのは、
美容には良くないことだと言われています。
また、オイルに抵抗がある人は、アボカドなどを摂取するのもお勧めだそうです。
ただし、アボカドの場合は、問題もアリ、かなりの高カロリーの為に、
食べ過ぎてしまうと、太りやすくなってしまいます。

しかし、肌には良い食べ物なので、出来れば毎日ではなくても、
たまに小量を摂取するようにしたいですね。
オリーブオイルも、出来ればバージンオイルがおススメです。

美人の食べ物は茶色い食品

『美人の食べ物は茶色い食品』とよく言います。
これは何を言っているのかというと、ご飯なら玄米、
パンならライ麦などを率先して食べようということです。
白米や食パンなど、白い食品には糖質が多く含まれており、
肌にもダイエットにも、あまり良くないと言われています。
茶色い食品は、ミネラルなども豊富で、
非常に栄養バランスが良いと言われています。

白い食品は太りやすいので、美容に気を付ける人は、
出来るだけ茶色い食品を選ぶようにしましょう。
でも、最初の頃は、この茶色い食品というのが、
なかなか曲者で、食べにくい物なんですよね。
私も最初の頃は、すごく辛かったです。

でも、食べ慣れてくると、あまり違和感を感じません。
食べているだけで、肌にはすごく良いので、簡単な美容方法になります。
最初に慣れるかが、一番難しい所だと思います。
特に玄米は、癖があるので、炊飯器によっては炊けないものもありますね。
最初から玄米が無理だと思う人は、分付き米から始めるのがお勧めです。
白米からいきなり玄米にすると、かなり違和感がある人は
多いと思いますので、段階を踏んでいくと良いと思います。
最近のお米やさんは、分付き米を扱うお店が多いので、是非やってみて欲しいですね。

プリマヴィスタの化粧下地は定評あり!

菅野美穂がイメージモデルを務めているプリマヴィスタ!
マイナス5歳肌っていうのが、謳い文句ですよね。
そんなプリマヴィスタで、夏に使ってみたいのが化粧下地です。
夏のメイクの肝は、いかにメイク崩れしないかというのが
ポイントになってくると思います。

メイクが簡単に崩れてしまうと、やはりお直しが必要になってくるので面倒です。
そこで、最初から出来るだけメイクが崩れないように工夫するのが一番です。
プリマヴィスタは、化粧下地に定評があり、皮脂崩れしにくいと言われています。
皮脂が多くて、いつもTゾーンや頬の部分がテカッてしまう人は、
出来るだけ皮脂吸収してくれる化粧下地を使うようにするのが重要です。

また、メイク崩れをした時には、そのまま放置するのではなく、
しっかりと直すようにしましょう。
そうでないと、メイクはやっぱり汚くなってしまいます。
特に夕方はファンデーションが毛穴落ちをした、汚くなってしまいがちです。
そのままの状態では見た目が良くありませんので、
油取り紙などで余分な皮脂をとった後に、
パウダーなどでしっかりとお直しをしておきましょう。

この時に、皮脂吸収に優れたパウダーを使うと、かなり効果的です。
皮脂が多い人は、ちょっと多めにはたくようにしておきましょう。

UVケアではクレンジングに要注意

暑くなってきましたね~。
皆さんはしっかりUV対策されていますか?
私も毎日頑張っているんですが、こうも日射しが強いと、
日焼け止めも汗と一緒に落ちてきてしまいますよね。
そんな時に、みなさんはどうしていますか?

忙しいとそのままになってしまう人も多いと思いますが(^_^;)
もしも時間がある人は、しっかりとお化粧直しの時にでも、
日焼け止めを塗るのがおススメです。
やはり日焼け止め一度塗ったら終わりでは効果がありません。
こまめに塗り直しておくことで、効果が持続します。

お化粧直しの時には、しっかりとUVケアもしておくようにしておきましょう。
また、UVケアをしている時には、
しっかりとクレンジングを徹底するのが重要です!
日焼け止めは肌への負担が重く、肌に残しておくと肌が傷んでしまいます。
1日だけ日焼け止めを落とさないで寝てしまったら、
すごい肌がザラザラになって、最悪になってしまったことがあります。

日焼け止めはそれくらいかなり肌荒れを引き起こすので、
しっかりと洗顔をするのが重要です。
最近の日焼け止めは、専用のクレンジング剤を使わなくても、
簡単に落ちるものが多くなってきましたが、
それでも肌への負担はかなり大きいので、しっかりと落とすようにしましょう。

美容液のような生ファンデーション

生ファンデーションって、なんだかすごく魅力的な響きだな~と思い、
ちょっと惹かれているコスメがあります。
下地が不要で、美容成分に優れたファンデーションなんです。
しかも合成着色料無添加で、非常に肌に優しいのも魅力ですね。
今は合成着色料を使っているコスメを、毛嫌いする人も多いので、
無添加というのはすごく嬉しいですね。
そして、この生ファンデーションのすごいとこは、
コーランゲンやヒアルロン酸といった、定番の美容成分に加えて、
アンチエイジングで効果を発揮するエラスチンも配合されているところです!

とてもファンデーションの成分とは思えません!
ここまでくると、美容液ですね。
それでいて、お肌のカバー能力にも優れ、非常に使いやすいので、
愛用者が増えていきそうだと思いました。
下地が要らないっていうのは、それだけ美容成分が入っているので、
保湿力も高いんだろうなと思いました。
種類も3種類あるので、肌のタイプによって、
使い分けてみると良いと思いましたね。
特にこういう生ファンデーションは、
普段肌が乾燥してしまう人に、良いと思います。

美容成分による保湿力が高いので、メイクをすると肌が粉を吹いて
困るっていう人には、一度使ってみると良いとかもしれません、
美容液のような生ファンデーション、使ってみたいですね。

マキアージュの下地で皮脂崩れ予防!

脂性肌の人にとっては、魔の季節がやってきましたね。
そうです、夏です!
脂性肌が、ますます皮脂でベトベトになる季節。
私も学生の頃は、洗顔フォームを持ち歩いている時期でした(^_^;)

夕方くらいには、もう顔がベタベタなので、絶対に学校で一回は洗顔をしていました。
脂性肌の人は、あぶらとり紙くらいでは、皮脂のベタベタってなかなか解消しないですよね。
でも、大人になってくると、そう簡単には、洗顔でさっぱり・・・とはいきませんよね。
会社などで働いている人は、そんな時間がないと思います。

やはり大人の場合は、出来るだけメイク崩れをしないように、
メイクをするってことが重要だと思います。
そんな私が最近ハマっているコスメが、マキアージュなんです。
マキアージュの何にはまっているのかっていうと、化粧下地がかなり優秀なんです!
シャーベットベースといって、化粧崩れした部分を落としつつ、
下地の役割もしてくれる優れものなんです。
しかも名前の通り、毛穴をキュット引き締めてくれる効果があるので
、肌触りもサラサラなんです。

皮脂がたくさん出てしまい、あぶらとり紙だけでは
どうにもならないっていう人は、シャーベットベースのような、
皮脂吸収に優れた下地を使うと、メイクが崩れにくくなるので良いですね。

窓際に座っている人は注意したい紫外線対策

室内にいる時は日焼け止めを塗らないっていう人がよくいますが、
夏になったら、出来るだけ日焼け止めは塗るようにしましょう!
なぜなら、紫外線は室内でも微量に届いているのです。
特にオフィスなどで窓際に座っている人は、気を付けましょう。

窓際の場合は、カーテンやブラインダーがあるんだったら、
出来るだけ使用するようにしましょう。
窓際で仕事をしていると、やはり紫外線を浴びる量が多いので、
特に注意が必要です。
夏でなくても、紫外線は年中あります。

窓際で日射しが強い席に座っている人は、
年中こまめに日焼け止めを使うことをお勧めします。
室内にいるからといって、油断してはいけません。

完全に日射しが差し込まないような北側の部屋などは、
必要ないですが、南向きなどで日当たりが良い場合は、
出来るだけ年中日焼け止めを使うようにしましょう。
お隣の韓国では、年中日焼け止めというのは常識になっているそうです。
以前にユンソナさんが、テレビ番組で、
韓国では年中室内にいても日焼け止めを塗るのが
当たり前になっていると言っていました。

だから韓国女性はすごく肌が綺麗で白いのかなって思いましたね。
UVケアは、夏だけでなく、しっかりと日頃から行うようにしたいですね。