カーヴィーダンスのダンススタジオが閉鎖

ブームになっていたカーヴィーダンスのダンススタジオが
いきなり閉鎖することになったそうですね。
カーヴィーダンスといえば、やはり樫木裕実さんですよね。
樫木裕実さんがやっているジムということで、
すごく話題になっていましたが、その実態は、
あまりにもお粗末だったとか。

入会者の多くは、樫木裕実さん本人に
カーヴィーダンスを教えてもらえると思って入ったのに、
蓋をあけてみたら、
樫木裕実さんのお弟子さんが教えていたそうです。
樫木裕実さん本人は、芸能人しか教えていなかったようです。

なので入会者の中には、がっかりしてしまう人も
多かったという話を聞きました。
樫木裕実さんの名前で生徒を集めたけど、
実際に樫木裕実さんの指導がないとわかると、
やはり不満が出てくるようですね。

今回の閉鎖は、オーナーと樫木裕実さんの間で、
何かしらのトラブルがあったようですが、
入会者にとっては、すごく残念な話だな~と思いました。
せっかくカーヴィーダンスをやって、
ダイエットをしようと思っていたのに、
こんな形で無くなってしまうのは悲しいですよね。
一番の被害者は、入会者の人だと思います。

やはりダイエットをしっかりやりたいと思って入会した人には、
気の毒な結果だと思います。

美容にとって諸刃の剣となるアボカド

アボカドって、美容にとっては諸刃の剣だと思います。
栄養豊富で、美肌にはとっても良いのですが、
野菜とは言え、高カロリーのためダイエットには
向かない食材なんです。
ダイエットをしている人の場合、
毎日アボカドを食べるのはやはり危険です。

美肌目当てで食べる人は良いですが、
ダイエット目当ての人は、出来るだけ野菜を食べる時には、
アボカドは避けるようにしましょう。
たまに食べる分には良いですが、
アボカドを毎日食べるような生活になってしまうと、
やはりカロリーが高いので、出来るだけ避けたいところです。
アボカドは森のバターと言われているくらいですからね。

ダイエット中には、野菜のカロリーも
しっかりとチェックをして選んだ方が良いと思います。
野菜の中には、意外に高カロリーなものも多くて、
知らないで食べていると、
間違ったダイエットになってしまいます。
野菜の中でも、やはりカロリーが低いものを食べないと、
いくら野菜といっても意味がありません。

ダイエットの盲点になっているような食品が野菜には
結構多いので、アボカド以外にも、
食べる前にはカロリーをチェックしてみるようにしましょう。
ただし、ダイエット中はどうしても栄養不足になりがちなので、
栄養豊富なアボカドは、たまに食べる分には良いと思います。

洗顔は水の温度で肌トラブルがなくなる

洗顔をする時にどれくらいの温度の水を使っていますか?
暑い夏は冷水、寒い冬はお湯なんて
分けている人もいるかもしれませんね。
しかし、洗顔に一番適した温度はやはりぬるま湯です。
美容本や美容サイトでも、
馬鹿のように言われ続けているぬるま湯。
私も若い頃は、そんなに違わないでしょと思い、
冷水やお湯を使っていた時期がありました。

でも、冷水を使っていた頃は肌の黒ずみがすごく気になり、
お湯を使った時には乾燥に悩まされました。
冷水では毛穴が開かず、肌の奥の汚れまでを
落とし切れなかったのです。
そしてお湯では乾燥が進み過ぎてしまい、
使えば使うほど、深刻なインナードライになってしまいました。

やはりぬるま湯が良いというのは、
それなりに理由があるのだと、ようやく気付いたのです。
温度を合わせるのが多少面倒ですが、
やはりぬるま湯にしてからは、乾燥し過ぎることもなく、
黒ずみも解消されて、肌トラブルが少なくなりました。
これまで洗顔の温度には全く拘らなかったという人は、
是非ぬるま湯を試して欲しいと思いました。

やはり全然違いますので、
やってみるとすごく実感すると思います。
たかだ洗顔の温度ですが、
ちょっとしたことで肌はもっと綺麗になります。

ベトベトが苦手な人にはクリームよりもオイルが◎

寒くなってくる冬の季節は、肌が乾燥してしまうので、
乳液だけでは物足りなくなってきます。
そんな時には、クリームや美容オイルを使用するようにすると、
一層潤いが持続します、特にベトベト感が苦手な人は、
クリームよりも美容オイルの方がおススメです。

オイルって聞くと、どうしてもベトベトになりがちな
印象がありますが、実はそんなにオイルは
使用感が悪くありません。
スクワランなどの美容オイルは、むしろ人間の皮脂に馴染みやすく、
さらっとした使用感なので、
ベトベトになるのが嫌な人には最適です。
ただし、美容オイルも使用方法を間違えばベトベトになります。
美容オイルを上手く使うのは、少量を少しずつ使用することです。

また、洗顔後や化粧水で少し顔が濡れている状態で
使用する方法が◎です。
乾燥した肌につけるよりも、濡れた肌に付ける方が、
オイルは馴染が良いのです。
クリームの方がどうしてもベトベトになってしまうことが多いので、
よほどオイルが苦手な人は別として、
基本的にはオイルの方がさっぱりと肌を潤してくれます。

化粧ノリも良くなるので、
リキッドファンデを使っている人なんかは、
美容オイルをファンデに一滴混ぜて使えば、
伸びがよくなり使いやすくなりますよ。

乳液使いが肌の柔らかさを決める

年を取ってくると、どうしても肌の表面がゴワゴワになってくることがあります。
丁寧に洗顔し、しっかりと水分補給をしても、化粧水をつけるだけでは肌はあっという間に乾燥してしまうのです。
若い頃はそのステップだけでも十分だったり、
むしろ乳液を使うのがすごくべとつくので
嫌だと思う人も多かったと思います。
でも、年齢肌になってくると、
乳液使いが非常に重要になってくるのです。

乳液を使わない人は、肌がどんどんと老化してしまいます。
やはり肌を柔らかく保つためには、乳液が必須です。
乳液はまさに、畑の肥料のようなものです。
土を耕して水を撒いただけでも、確かに作物は育ちますが、
肥料を使った方が、もっと良く育ちますよね。
乳液は肌の潤いをサポートしてくれるので、
肌の乾燥がひどくなってくる年齢肌には
必須のステップだと思います。
年齢に応じて、スキンケアのステップは
増えて行くことの方が多いと思います。

化粧水と洗顔だけのシンプルステップで十分な人もいますが、
やはり私はそれだけキープできるのは、
もともと肌が綺麗な人だけだと思うのです。
やはり化粧水に+の保湿ケアがないと、
肌の調子が崩れやすくなってくると思います。
美容液も専門的に肌の悩みを解決してくれるパワーがあるので、
やはり必要に応じて使用するべきだと思います。

倖田來未も痩せた!お鍋ダイエットのポイント

倖田來未って、出産後にすごく痩せましたよね。
16キロの減量はお鍋ダイエットの成果だったそうですが、
お鍋ダイエットには注意点があるそうです。

特に気を付けたいのがタレ。
お鍋のタレで定番なゴマは、意外に高カロリー!
せっかく余分な脂をお鍋で落としても、
タレが高カロリーでは意味がないですよね。
ここはポン酢なのでさっぱりタレで食べるように気を付けましょう。

そしてお鍋で食べるお肉の部位は赤身が鉄則!
脂肪分が多いばら肉などは避けましょう。
もも肉などがベストです。

そして最後に、ここが一番難しいと思いますが、
鍋によっては、〆の雑炊が高カロリーになるので要注意。
こぶ出汁だけのシンプルな寄せ鍋とかだったら、
雑炊にしても良いですが、
最近流行のカレーなべやキムチ鍋などは、意外にスープが高カロリー!

これで雑炊を作ってしまうと、
〆の雑炊が非常に重いものになってしまい、
ダイエットの意味がなくなってしまうのです。
特にチーズと合わせてリゾットにしたりする場合は、
余計にカロリーが高くなります。

お鍋ダイエットをするのであれば、純和風のあっさり出汁で、
カロリーの低い赤身肉や魚を
メインにしたお鍋にする必要があります。
洋風鍋にしてしまうと、スープが高カロリーなので、
ダイエットには向きません。

女性の間でグラノーラが流行

今、女性の間でグラノーラが流行っています。
グラノーラっていうのは、簡単にいうと、
コーンフレークの雑穀版という感じがします。
オーツ麦やドライフルーツが入っているんですが、
オーツ麦は玄米の約3倍の食物繊維が入っているそうで、
腸内環境の改善にすごく効果があると言われています。

便秘症の人なんかは、お通じが良くなるので、
便秘で吹き出物が出来やすい人にはすごく良いみたいです。
ビタミンBや鉄分も多いので、貧血予防や美肌効果も期待できるので、
まさに美人食と言えます。

ただ、オーツ麦とかは、
苦手な人はちょっときついだろうな~と思います。
雑穀米でも苦手だと、モロに雑穀チックなグラノーラだと、
余計に厳しい感じがしました。
男性とかは、グラノーラってどうなんでしょうね?
うちの父親は大嫌い!
旦那は結構美味しいと言っています。

女性は綺麗になるためだったら、
健康食品でも我慢して食べてしまう人が多いと思いますが、
男性はそういう感じではないようですね。
グラノーラは確かに美味しくはないですが、
それでも気軽に美肌や腸内環境が整うので、やはり続けたくなります。

私のように思っている人って、結構いるのかしら?
無理しているわけではないけど、
やっぱり美肌効果がなかったら、グラノーラは食べないと思います。

ダヴからプレミアム泡ブースター洗顔フォーム

ダヴからプレミアム泡ブースター洗顔フォームが
発売されたそうですね。
ダヴはもともと、すごく泡立ちが良かったので、
気になっていました!
洗顔フォームって泡立ちが重要なので、
もこもこの泡が立つダヴは、私の中では、
市販コスメの中では好きな商品です。
新しくプレミアが出ると聞いていたので、
さぞ良いのだろうと思いました。

でも、@コスメの評判を見てみると、
結構シビアな意見も多いんだな~と思いました。
泡立ちの良さは認めているものの、匂いが強すぎるとか、
日本製ではないとか、結構突っ込み所があるようで・・・。
でも、ダヴってもともと海外製が多いですよね。

昔日本製だと思って使っていた、
ハーバルヘッセンスとかも、タイ製だったりしましたからね。
日本製じゃないと、ダメっていう人には
気になってしまうんでしょうが、
私は別に海外製品でも気になりません。

そんなこと言ったら、海外コスメなんて使えないですよね。
特に今回のダヴは、タイ製みたいですが、
タイって美容天国で、スパも発達しているから、
私は別に気になりません。
中国製とかの方が、よほど怖いと思います。
でも、海外製品が嫌って言う人もいるので、
ダヴはそういう意味では、国内コスメ好きさんには向かないのかな。

トワニーのタイムリフレッシャー

トワニーのタイムリフレッシャーが
すごく美容サイトで人気があるので、
使ってみたいな~と思っていたんですが。
トワニーってカネボウなんですね・・・。
問題があったばかりなので、怖くて私は使えない状況です。
美白成分は入っていないけど、
やっぱり怖いな~と思ってしまいます。

トワニーのタイムリフレッシャ―は、しっとりした美容液で、
お肌がもちもちになると人気があります。
風が冷たくなってきた今の時期には、
実はすごくちょうどいいんじゃないのかなって思いました。

保湿効果の高い化粧水なので、
しっとり感が年齢肌には良さそうでした。
化粧水のテクスチャーも、ジェルのような感じなので
肌馴染が非常に良いと評判です。
カネボウのロングセラー化粧品なので、
一度は使ってみたいと思います。
でも、まだ白班問題が残っているので、
今はちょっと買えないかな・・・。

問題が全て落ち着いてきた頃に、
カネボウにもう一度挑戦してみたいと思います。
今のカネボウだと、どうしても成分に不安を感じてしまうので、
美白以外のラインも怖くなってしまいます。

トワニ―は評判が良いので、
きっと大丈夫だとは思うんですけどね。
カネボウのブランドイメージがすごく悪くなっているので、
使うのが怖い状態です。

運動をしないダイエッターは隠れ肥満にご注意

美容の世界では、見た目で『痩せる』ために、
絶食をしたり、健康を考えないダイエットが横行しています。
しかし、美容重視で、健康を怠ったダイエットをしていると、
恐ろしい落とし穴にはまってしまうことがあります。
今話題になっているのがサルコペニア肥満がその一つです。

サルコペニア肥満は最悪の場合、寝たきりになるケースもあるそうで、
メタボなんかよりも遥かに深刻な肥満なんだそうです。

なぜサルコペニア肥満が、メタボよりも危険かというと、
見た目では判断が出来ないからです。
メタボの場合は、お腹を見れば一目瞭然ですが、
サルコペニア肥満の場合は、必ずしも見た目が
太っているとは限らないので、わかりにくいそうです。

つまり痩せていても、サルコペニア肥満の可能性があるので、
無理なダイエットをしている人は、見た目は痩せていても、
中身が肥満のままという可能性もあるのです。
サルコペニア肥満の原因は、体内の筋肉量が減ってしまい、
脂肪だけがついてしまうこと。

つまり、運動をしないダイエットで、
食事制限だけで体重を落とそうとしている人は、
サルコペニア肥満になる可能性が高いのです。
運動嫌いだから太ってしまうという人も多いかと思いますが、
やはりダイエットは運動をして、
筋肉をキープして行うのが健全な方法だと思います。