倖田來未も痩せた!お鍋ダイエットのポイント

倖田來未って、出産後にすごく痩せましたよね。
16キロの減量はお鍋ダイエットの成果だったそうですが、
お鍋ダイエットには注意点があるそうです。

特に気を付けたいのがタレ。
お鍋のタレで定番なゴマは、意外に高カロリー!
せっかく余分な脂をお鍋で落としても、
タレが高カロリーでは意味がないですよね。
ここはポン酢なのでさっぱりタレで食べるように気を付けましょう。

そしてお鍋で食べるお肉の部位は赤身が鉄則!
脂肪分が多いばら肉などは避けましょう。
もも肉などがベストです。

そして最後に、ここが一番難しいと思いますが、
鍋によっては、〆の雑炊が高カロリーになるので要注意。
こぶ出汁だけのシンプルな寄せ鍋とかだったら、
雑炊にしても良いですが、
最近流行のカレーなべやキムチ鍋などは、意外にスープが高カロリー!

これで雑炊を作ってしまうと、
〆の雑炊が非常に重いものになってしまい、
ダイエットの意味がなくなってしまうのです。
特にチーズと合わせてリゾットにしたりする場合は、
余計にカロリーが高くなります。

お鍋ダイエットをするのであれば、純和風のあっさり出汁で、
カロリーの低い赤身肉や魚を
メインにしたお鍋にする必要があります。
洋風鍋にしてしまうと、スープが高カロリーなので、
ダイエットには向きません。

コメントは受け付けていません。